一般歯科とは何が違うのか

歯科医

矯正歯科は、一般的な歯科とは異なる治療を必要とします。通常、歯科医院に行くとなると虫歯の治療や歯周炎などの疾病治療がメインとなるでしょう。それとは異なり、矯正には矯正専門の医療分野があり、専門医になるには長い勉強期間を必要とします。一般の歯科大学で6年の修士課程を修了したあと歯科医師の国家試験に合格するまでは同じですが、そこから大学の矯正歯科で研修課程を経て、ようやく認定医となることが可能です。東京には、こうした認定医が所属する腕のいい歯科医院がたくさんあるのが何よりも魅力と言えるでしょう。実際には認定医でなくても矯正歯科の科目を掲げることはできてしまうのですが、選ぶなら確実に専門的な勉強を積んできた歯科医のほうが安心できるのは当然です。

資格だけでなく治療方針も確認しよう

女性

前述のとおり、認定医が治療にあたる東京の歯科医院を選べば、まずは安心度があがるのは事実です。ただ、矯正専門医であれば同じ治療を受けられるというわけでもないため、実際にはどのような治療方針なのか十分に説明を聞いてから判断する必要があります。信頼できる歯科医師であれば、患者に対して十分な説明をしますし、そのときに実際の症例を例にわかりやすく具体的に説明をしてくれます。質問にはすべて明確に答えますし、リスクや予算についてもしっかり答えてくれます。実際にはこうした会話から信頼性を感じられるところを選ぶことが一番重要ですので、まずは相談してみるのがよいでしょう。矯正歯科はある程度長い期間のかかる治療ですし、定期的に通う必要がありますので、相性も大切になってきます。

専門に治療を実施している医院が安心

歯科矯正

技術面を考えるなら、一般歯科ではなく矯正治療を専門に行っている矯正歯科医院がおすすめです。やはり実績がありますし、ほかの治療をおこなう時間を排除してでも、専門的に研究を進めている歯科医院である可能性が高いからです。東京の専門医などは症例数もケタ違いに多いですし、最新の専門技術を有している期待があります。どの矯正専門医でも同じレベルの技術を有しているとは限りませんので、素人である患者側が的確に優れた医師を選ぶのは難しいのは事実です。インターネットなどで症例を比較したり、治療方針を確認したり、実際にカウンセリングを受けてみたりしながら、質問などがしやすい環境、コミュニケーションがとりやすい医師を選ぶのが一番でしょう。また、実際に歯科医院を訪れたときに、機器や設備が充実しているか、医師以外のスタッフの対応が信頼できるかなども同時にチェックするのがおすすめです。

広告募集中